米国のリコール、過去最高の5125万台…2年連続で記録更新 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

大規模なリコール(回収・無償修理)が発表された2015年の米国。年間でのリコール台数が、過去最高となったことが分かった。

これは1月21日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。2015年の米国での自動車のリコール台数が、過去最高の5125万台だった」と公表している。

NHTSAによると、5125万台のリコール台数は、前年比0.5%増。2年連続で記録を更新したという。

また、リコールの総件数は、868件。前年比は11.4%増と、2桁の伸び率で増えている。

NHTSAによると、過去最高のリコールとなった要因のひとつが、タカタ製のエアバッグインフレータの不具合によるリコールが拡大したためという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

    【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  3. スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

    スズキ、新CEOに鈴木俊宏社長 兼務

  4. ダイハツ、トヨタの完全子会社化を株主総会で承認

  5. VW、米政府と和解…排ガス不正車を買い取りへ

  6. ダイハツの軽市場シェアが急上昇、5か月ぶりの35%超え…5月実績

  7. スタイリッシュな車載防災セット、カーエマージェンシーボックス発売

  8. マツダ、グローバル生産台数が17か月ぶりのマイナス…5月実績

  9. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は17か月連続マイナス…5月実績

  10. 日産、デイズ 販売停止の影響で国内販売26.2%減…5月実績

アクセスランキングをもっと見る