BMWジャパン社長「日本は成長のポテンシャルがある」…フォード撤退には言及せず

自動車 ビジネス 企業動向

BMWジャパン ペーター・クロンシュナーブル 社長
  • BMWジャパン ペーター・クロンシュナーブル 社長
  • BMW 記者会見
  • BMW 記者会見
  • BMW 330e
  • BMW 記者会見
  • BMW 記者会見
ビー・エム・ダブリューのペーター・クロンシュナーブル社長は1月26日に都内で開いた新型車発表会で、日本市場撤退を決めたフォードに関して「コメントできない」とする一方で、「日本で輸入車は、さらなる成長のポテンシャルがある」との見方を示した。

クロンシュナーブル社長はフォードの撤退について「他社のことについてはコメントできない。日本自動輸入組合の理事長としても、BMWジャパンの社長としてもお応えできない」と述べた。

日本の市場環境に関しては「輸入車は市場全体の10%を占めるポテンシャルがあるのではないかと思っている。中でもプレミアムセグメントは他のグローバル市場をみても、もっともっとこれから伸びていく余地がある。例えば『アクティブツアラー』や『グランツアラー』で、我々はそれを証明したが、主に国産車からの新規購入客率が70%にまで達している。適正な製品を日本市場にもっていけば、まだ伸びる」」と指摘。

さらに「我々は日本市場の成長のポテンシャルに関しては大変強い自信を持っている。だからこそ4000万ユーロもかけて、東京・お台場にBMWグループのブランド体験型販売拠点を今夏にオープンする」とも話した。

また自社ブランドの2016年の販売見通しについては「具体的な数字は申し上げていないが、すべてのブランド、ミニや二輪車も含めて、成長は遂げたいと思っている。これに関しては大変自信を持っている。既存の数量に、毎年新製品の導入により台数の上乗せを図っていきたい」とした。

BMWの2015年の販売実績は前年比1.3%増の4万6229台、ミニブランドは同19.8%増の2万1083台、二輪車は同13.6%増の4733台だった。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら