PSAプジョーシトロエン、モロッコの5大学と研究所設置で合意 | レスポンス(Response.jp)

PSAプジョーシトロエン、モロッコの5大学と研究所設置で合意

自動車 ビジネス 企業動向

PSA プジョーシトロエンのモロッコ新工場建設の調印式
  • PSA プジョーシトロエンのモロッコ新工場建設の調印式
フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは1月25日、モロッコの5大学と共同で研究所を設置することで合意した、と発表した。

この研究所は、自動車の未来に関する研究を行うのが目的。5大学のうち2大学は、米国の大学のモロッコキャンパスとなる。

研究の主なテーマは、「アフリカのために持続できるモビリティ」。今後4年間をかけて、3つの柱に沿って研究を進めていく。

3つの柱とは、EV、代替エネルギー、物流。プログラムには、PSAプジョーシトロエンの研究者や専門チームが参加する。

PSAプジョーシトロエンは、「トップレベルの大学との協力関係を強化していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品