VW商用車世界販売、3.5%減の43万台と後退…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲンのLCV(軽商用車)。左からアマロック、クラフター、キャディ、T5
  • フォルクスワーゲンのLCV(軽商用車)。左からアマロック、クラフター、キャディ、T5
  • フォルクスワーゲン キャディ 新型のオールトラック
  • フォルクスワーゲン アマロック
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは1月上旬、2015年の商用車(LCV=軽商用車)の世界新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は43万0800台。前年比は3.5%減と、マイナスに転じた。

市場別では、信用不安を抜け出して好調だった西欧が、前年比2.5%減の28万4600台と後退。地元、ドイツも7.5%減の11万1100台にとどまる。

しかし、英国は前年比4.7%増の4万7300台と好調さを維持。スペインも17.6%増の1万0500台と、引き続き伸びる。

一方、東欧は3万1200台にとどまり、前年比は17.3%減と、3年連続のマイナス。南米は、7.5%減の3万4100台と、減少傾向。中東は3万4700台を売り上げ、前年比は26.7%増と好調だった。

車種別では、『Tシリーズ』が前年比1.4%増の17万1100台で、最量販車に。『キャディ』が前年比10.8%減の13万2900台で、これに続く。中/大型バンの『クラフター』は、2.5%増の5万0400台を売り上げる。小型ピックアップトラックの『アマロック』は、2.1%減の7万6500台と、2年連続で前年実績を下回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

    【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  7. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  8. マツダ、海外生産が25か月ぶりのマイナス…4月実績

  9. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

アクセスランキングをもっと見る