FCA、米工場の改修が完了…車体プレス部品を増産

自動車 ビジネス 企業動向

FCA USの米ミシガン州ウォーレン工場
  • FCA USの米ミシガン州ウォーレン工場
米国の自動車大手、FCA (フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は1月22日、米国ミシガン州のウォーレン工場の改修が完了した、と発表した。

ウォーレン工場は、車体プレス加工工場。同社は、ウォーレン工場に6300万ドルを投資。工場の設備を更新し、生産能力を引き上げるための改修を行った。

ウォーレン工場は、1949年に操業を開始。工場稼働かから、65周年を迎えたFCAUSの老舗工場のひとつ。

同工場製のプレス部品は、クライスラー、ジープ、ダッジ、ラムの各ブランドに採用されている。

FCA USの生産担当、ブライアン・ハーロウ副社長は、「乗用車やトラックの販売が好調。だからこそ、車体プレスの生産能力を引き上げる必要があった」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  3. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  4. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  5. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  6. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  7. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

  8. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  9. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  10. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

アクセスランキングをもっと見る