KLMオランダ航空、オスロからバイオ燃料フライト実施へ…今春 | レスポンス(Response.jp)

KLMオランダ航空、オスロからバイオ燃料フライト実施へ…今春

航空 企業動向

KLMオランダ航空、オスロからバイオ燃料フライト実施へ
  • KLMオランダ航空、オスロからバイオ燃料フライト実施へ
KLMオランダ航空は今春、バイオ燃料を使用し、オスロ発アムステルダム行きのフライトを連続して実施する。

KLMの現在の目標は、機材の更新、持続可能なバイオ燃料の使用、飛行効率の向上によって、二酸化炭素排出量を2020年に11年比20%削減すること。14年にはアムステルダムからカリブ海に浮かぶボネール島行きのバイオ燃料フライトを連続して行った。

機材はKLMシティホッパーのエンブラエルE190。バイオ燃料はオスロ空港地下のハイドラントシステムと燃料タンク車から給油する。KLMはエンブラエルと協力し、バイオ燃料の燃料効率を従来の燃料と比較して評価する。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品