富山ライトレール、ICカードの利用期間制限を撤廃

鉄道 企業動向

富山ライトレールは同社が発行しているICカード「passca」の利用期間制限を撤廃することにした。
  • 富山ライトレールは同社が発行しているICカード「passca」の利用期間制限を撤廃することにした。
  • 富山ライトレールは同社が発行しているICカード「passca」の利用期間制限を撤廃することにした。
富山駅北~岩瀬浜間(富山市)の富山港線を運営する富山ライトレールは1月25日、同社のICカード「passca(パスカ)」の利用期間に関する制限を撤廃すると発表した。

passcaは富山港線などで利用できるICカード。富山地方鉄道(富山地鉄)のICカード「ecomyca(エコマイカ)」との相互利用サービスも行っている。全国相互利用サービスには対応していない。

富山ライトレールの発表によると、passcaは機器などで最後に利用してから10年間経過した場合に失効すると規定していた。しかし「お客様に長期的・継続的にご利用いただくため」として、規定を撤廃することにしたという。

利用期間の制限に関する注意書きが記載された発行済みのカードでも制限が撤廃され、10年経過後も引き続き利用できる。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品