アエロフロート・ロシア航空、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況が世界第2位

航空 企業動向

アエロフロート・ロシア航空は1月19日、米国のポータルサイト「ルートハッピー(Routehappy)」の調査で、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況が世界第2位だったと発表した。

「ルートハッピー」は世界中の航空会社のフライトを比較するサイト。同サイトの「機内Wi-Fiの世界情勢」最新版によると、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況はルフトハンザドイツ航空(100%)に次ぎ、アエロフロートが第2位だった。

ロシアのフラッグキャリアの機内Wi-Fiサービス対象の長距離路線用機材は35機。エアバスA330が22機、ボーイング777が13機となっている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

    ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  3. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  4. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  5. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  6. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  7. 羽田空港、ビジネスジェットの発着枠を2倍に拡大へ…ホンダジェットに追い風

  8. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  9. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  10. ANA、羽田=クアラルンプール線就航…米本土線など羽田発着ダイヤを改正

アクセスランキングをもっと見る