アエロフロート・ロシア航空、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況が世界第2位 | レスポンス(Response.jp)

アエロフロート・ロシア航空、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況が世界第2位

航空 企業動向

アエロフロート・ロシア航空は1月19日、米国のポータルサイト「ルートハッピー(Routehappy)」の調査で、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況が世界第2位だったと発表した。

「ルートハッピー」は世界中の航空会社のフライトを比較するサイト。同サイトの「機内Wi-Fiの世界情勢」最新版によると、長距離路線の機内Wi-Fi導入状況はルフトハンザドイツ航空(100%)に次ぎ、アエロフロートが第2位だった。

ロシアのフラッグキャリアの機内Wi-Fiサービス対象の長距離路線用機材は35機。エアバスA330が22機、ボーイング777が13機となっている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品