工事渋滞の車列に路線バスが突っ込み、3人が負傷

自動車 社会 社会

18日午後0時30分ごろ、岐阜県岐阜市内の国道156号で、工事渋滞によって生じていた車列に対し、後ろから進行してきた大型路線バスが追突。車両4台が関係する多重衝突に発展した。この事故で3人が軽傷を負っている。

岐阜県警・岐阜中署によると、現場は岐阜市芥見3丁目付近で片側1車線の直線区間。当時は道路工事に伴う交互通行規制が実施されており、小規模な渋滞が発生。乗用車3台は規制箇所で開通待ちをしていたところ、後ろから進行してきた大型路線バスが追突。車両4台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で乗用車3台の運転者が頚部打撲などの軽傷。バスの乗客乗員2人にケガはなかった。警察はバスを運転していた53歳の男性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞いている。

警察ではバス側の前方不注視が事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. ガードロープに突っ込んで中破炎上、乗用車の運転者死亡

    ガードロープに突っ込んで中破炎上、乗用車の運転者死亡

  3. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

    国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  4. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  5. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  6. スピンしながら街路樹に衝突、乗用車の2人が重傷

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  9. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  10. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

アクセスランキングをもっと見る