【リコール】メルセデスベンツ S550 など、エコスタートができなくなるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツ・S550 4MATIC クーペ
  • メルセデスベンツ・S550 4MATIC クーペ
  • 改善箇所
メルセデス・ベンツ日本は1月21日、メルセデスベンツ『S550』などのカムポジションセンサの配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『S550』『S550クーペ』『メルセデス-AMG S63』『S63』『メルセデス・マイバッハ S550』の5車種で、2013年6月5日~2015年11月10日に輸入された計2455台。

ヒューズボックスからカムポジションセンサをつなぐ配線が長いため、電気抵抗が大きくなり、エコスタート時にエコスタート用バッテリから供給される電源電圧に電圧降下が発生することがある。そのため、当該センサへの電源供給が不安定となり、カムポジションが正しく認識されず、エコスタートができないおそれがある。

改善措置として、全車両、車両配線の長さを修正する。

不具合は3件発生、事故は起きていない。市場からの報告により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  3. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  9. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  10. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

アクセスランキングをもっと見る