【デトロイトモーターショー16】オバマ大統領が初めて来場、自動運転車や先進技術を視察

自動車 ニューモデル モーターショー

デトロイトモーターショーを初めて視察したオバマ大統領
  • デトロイトモーターショーを初めて視察したオバマ大統領
  • デトロイトモーターショー16
  • デトロイトモーターショー16
1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16。米国のオバマ大統領が、同ショーを視察した。

これは1月20日、デトロイトモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「オバマ大統領が、ショーの視察に訪れた」と公表している。

オバマ大統領がデトロイトモーターショーを視察するのは、就任以来、今回が初めて。米国の歴代大統領としては、3人目の同ショー視察となった。デトロイトモーターショー主催団体によると、大統領はシボレー、FCA、フォード、ZFなどのブースを見学したという。

また、オバマ大統領は、次世代の自動車テクノロジーにも関心を寄せている。デトロイトモーターショーの会場では、デビューしたばかりの市販車やコンセプトカーだけでなく、自動運転車や先進のパワートレイン技術を見て回った。

視察を終えたオバマ大統領は、「米国を最も象徴する自動車産業が、全てのアメリカ人の誇りであるべきと考える。だからこそ、自動車産業の発展ぶりを直接見たいと思った」とコメントしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品