人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

玩具市場、8年連続縮小傾向…キャラ物は減速、ホビー玩具好調

エンターテインメント 話題

 矢野経済研究所は1月19日、「玩具市場に関する調査結果2015」を発表した。2015年度の国内玩具市場は前年度比3.7%減の6,248億円で、8年連続の縮小と予測されている。不振のテレビゲームを除く主要8品目でも前年度比0.7%減の3,398億円の予測となっている。

 「玩具市場に関する調査」は2015年10~12月、玩具・ゲームコンテンツ関連メーカー、卸問屋、小売事業者などを対象に面談、電話ヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用によって行われた。

 なお、玩具市場とは、「電子玩具」「模型・ホビー」「男児キャラクター・男児玩具」「女児キャラクター・女児玩具」「ゲーム類(アナログゲームなど)」「季節物・雑玩具」「基礎玩具(知育・乳幼児玩具、ジグソーパズル、ブロック類など)」「ぬいぐるみ」「テレビゲーム」の主要9品目をさしている。

  2014年度の国内玩具市場は、前年度比1.2%減の6,491億円と縮小。玩具市場全体の約5割を占めるテレビゲーム市場の不振が、縮小のおもな要因であった。テレビゲームは、スマートフォン向けゲームの台頭により、テレビゲーム専用機用ソフトウェアの不振が続いている。

 一方、テレビゲームを除いた主要8品目の市場は、前年度比8.3%増の3,421億円。男児玩具は、大ヒットキャラクターの出現によって大幅増を記録し、模型・ホビーも軍用機、自衛隊機などのスケールモデルやミニ四駆の人気が継続した。女児玩具では、キャラクターとともに手芸などのホビー玩具が好調で、いずれも品目を拡大した。

 2015年度の国内玩具市場(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比3.7%減の6,248億円。テレビゲームを除いた主要8品目の市場では、前年度比0.7%減の3,398億円と予測されている。

 テレビゲーム市場は、前年度比7.2%減と引き続き大幅な縮小が見込まれており、国内玩具市場全体を押し下げる要因となっている。男児玩具や女児玩具、模型・ホビーなどが堅調な推移をしているものの、テレビゲーム市場の縮小傾向の継続により、2015年度も国内玩具市場全体の縮小は続くものと予測されている。

 玩具では、前年度ヒットしたキャラクターの勢いは弱まり、全般的に定番商品が好まれる傾向にある。定番商品がけん引するとともに、女児玩具や女児ホビー玩具の好調も継続。軍用機や自衛隊機などのスケールモデルや人気キャラクターのプラモデルも好調で、基礎玩具はブロック玩具が堅調に推移しているという。
《奥山直美》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

    【GARMIN vivomove classic インプレ中編】見た目はアナログ時計、中身はライフログ機器

  2. 【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

    【GARMIN vivomove classic インプレ前編】アナログ時計のようなフィットネスバンド

  3. 『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

    『ポケモンGO』広島市が平和記念公園の「ジム」「ポケストップ」削除要請

  4. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  5. 【GARMIN fenix 3J Titanium 海外インプレ前編】海外初使用、その使い勝手は?

  6. 花火大会の混雑予測---「Yahoo!地図」アプリで

  7. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

  8. 透明なのにカルピスの乳酸菌---アサヒ『おいしい水』シリーズに新製品

  9. ジャッポーン! 鈴鹿サーキットのプールに新スライダー[フォトレポート]

  10. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

アクセスランキングをもっと見る