【IIHS衝突安全】ヒュンダイ ソナタ の2016年型、トップセーフティピック+に指定

自動車 ニューモデル 新型車

新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型 ヒュンダイ ソナタ
  • 新型 ヒュンダイ ソナタ
米国IIHS(道路安全保険協会)は1月14日、ヒュンダイ『ソナタ』の2016年モデルを、最高の安全性評価の「2016トップセーフティピック+」に指定した。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるためには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となることが必要。また、前面衝突予防評価で、「ベーシック」を獲得することも求められる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において、3段階評価で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが条件になる。

今回、ソナタの2016年モデルは、IIHSから最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された。各衝突テストで、最高の「GOOD」。前面衝突予防評価においても、最高の「スーペリア」と認められた。

ヒュンダイモーターアメリカのマイク・オブライアン副社長は、「乗員保護性能はヒュンダイ車の設計と開発を行う上で、最も重要な要素」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  4. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら