【IIHS衝突安全】ヒュンダイ ソナタ の2016年型、トップセーフティピック+に指定

自動車 ニューモデル 新型車

新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型ヒュンダイ ソナタ
  • 新型 ヒュンダイ ソナタ
  • 新型 ヒュンダイ ソナタ
米国IIHS(道路安全保険協会)は1月14日、ヒュンダイ『ソナタ』の2016年モデルを、最高の安全性評価の「2016トップセーフティピック+」に指定した。

IIHSの「トップセーフティピック」の指定を受けるためには、前面衝突、側面衝突、追突想定、スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)の各耐衝撃性能試験の全てで、最高の「GOOD」評価となることが必要。また、前面衝突予防評価で、「ベーシック」を獲得することも求められる。

さらに上の「トップセーフティピック+」と認定されるには、トップセーフティピックの耐衝撃性能試験での最高評価とともに、前面衝突予防評価において、3段階評価で2番目の「アドバンスド」、最高評価の「スーペリア」のいずれかが条件になる。

今回、ソナタの2016年モデルは、IIHSから最高評価の「2016トップセーフティピック+」に指定された。各衝突テストで、最高の「GOOD」。前面衝突予防評価においても、最高の「スーペリア」と認められた。

ヒュンダイモーターアメリカのマイク・オブライアン副社長は、「乗員保護性能はヒュンダイ車の設計と開発を行う上で、最も重要な要素」と語っている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品