人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日産自動車、省エネ大賞・省エネルギーセンター会長賞を受賞

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は1月19日、同社の「新しいエネルギー診断チーム(NESCO)による全社省エネ活動」が省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞を受賞したと発表した。

省エネ大賞は、優れた省エネ活動事例や先進型省エネ製品等を表彰し、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進等に寄与することを目的とするもので、広く優秀な事例を数多く表彰している。

NESCOチームは、横断的に各生産工場の省エネ診断を行い、改善点を提案する専門チーム。日本で培った省エネのノウハウを基に、育成プログラムを開発、グローバルトレーニングセンターを開設して、海外4チーム、国内7チームが省エネに取り組んでいる。

NESCOチームは塗装工程における電着オーブン脱臭炉の低温化によるガス使用量の削減、連続浸炭炉の冷却工程の最適化によるヒーターとファンの電力削減など、多数の成果を上げている。これにより、CO2の削減量は、2014年度はグローバルで約5万8000トン/年、日本国内で約1万1000トン/年を達成している。

今回、NESCOチームの省エネ活動が高く評価され、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した。なお省エネ大賞の授賞式は1月27日、東京ビッグサイト「ENEX2016」にて行われる予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

    マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  2. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

    バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  3. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

    GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  4. オリックスカーシェアと軒先パーキングが提携…割安な駐車場を提供

  5. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  8. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  9. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  10. 野球解説者 小宮山悟 がカーメイトのアンバサダーに就任

アクセスランキングをもっと見る