ZMPとジグソー、自動運転向けリアルタイムOSの共同開発を開始 | レスポンス(Response.jp)

ZMPとジグソー、自動運転向けリアルタイムOSの共同開発を開始

自動車 テクノロジー 安全

ZMPとジグソーは1月19日、Linuxをベースに、セキュリティやパフォーマンスを強化した自動運転用リアルタイムOS「IZAC-OS」の共同開発を開始したと発表した。

IZAC-OSは自動運転車両向けリアルタイムLinuxOSで、外部攻撃を遮断する安全な自動運転・自律移動、安定かつハイパフォーマンス、量産化を睨んだ開発設計思想を実現するための基盤であり、未来の自動運転・自律移動を支えるOSと位置づけている。

ジグソーは、IZAC-OS向けオリジナルカーネルの提供を既に開始しており、今後両社は様々なセキュリティ・耐久性に関するテストを公道実験等を通して繰り返し、世界で最も強固な独自OS「IZAC-OS」を共同で開発していく。ZMPは、自動運転向け車載コンピューター「IZAC」のOSを、今後「IZAC-OS」へ移行していく計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品