ホンダ・エアクラフト藤野社長「今後10年は年300~500機の需要」…ビジネス小型機カテゴリー

航空 企業動向

ホンダジェット量産1号機の初飛行の様子
  • ホンダジェット量産1号機の初飛行の様子
  • ホンダ・エアクラフト・カンパニー藤野道格社長
ホンダの航空機会社、ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)の藤野道格社長は1月19日に都内で記者会見し、「ホンダジェット」クラスのビジネス小型機の世界需要について、今後年300機から500機程度が見込めると述べた。

ホンダジェットは、2015年12月上旬に安全性や信頼性の世界的なお墨付きとなる米連邦航空局(FAA)からの型式認定を得た。同月下旬から顧客への引き渡しも始めている。これまで北米を中心に100機を超える受注を獲得しており、現在、米ノースカロライナ州の工場で月間3~4機の生産を行っている。藤野社長は、量産2年目に入る16年末ごろからは同5機に引き上げる計画を表明した。

ホンダジェットが属する小型機の市場は過去10年で2770機だったという。藤野社長は今後10年は「世界のGDP成長率と同等の伸びが見込まれ、年300機から500機くらいの需要になろう」との見通しを示した。

HACIは当面、世界市場の9割近くを占める北米、欧州およびブラジルで事業展開する体制を整えている。藤野社長は日本への進出は、飛行場インフラなどの課題から「現時点では未定」としているものの「困難な理由はいくらでも挙げられるが、そうはしたくない」と、中長期視点での参入に意欲を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

    ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  2. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

    リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  3. アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

    アシアナ航空、日本・東南アジア路線の一部を運休へ…傘下LCCが運航引き継ぎ

  4. ピーチ、乗客からの問い合わせに人工知能が対応

  5. JAL、機内インターネット無料を延長 2017年3月末まで

  6. ドローン操縦の初級者向け講習会 9月1日から

  7. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  8. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  9. 4年に一度“空の大博覧会”「2016国際航空宇宙展」  10月12~15日

  10. 航空自衛隊向け F-35A の試験飛行を8月中に実施

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら