富士重吉永社長、今期為替は「年末までに予約済み」…業績に影響せず

自動車 ビジネス 企業動向

スバル レヴォーグ
  • スバル レヴォーグ
  • 富士重工業(スバル)吉永泰之社長
富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は1月18日、都内で報道関係者と懇談し、円高に触れている為替の今期(2016年3月期)業績への影響はないとの見通しを示唆した。

同社は、為替については向こう3か月分を予約する運用を行っており、今期分は「年末までに完全予約済み」(吉永社長)という。このため、足元の円高に対しては「差益が出る状況」(同)にある。

富士重は2016年3月期の連結営業利益を前期比30%増の5500億円と、大幅増益での過去最高を予想している。通期の為替レートは1ドル120円を前提とし、為替影響で1060億円の営業増益効果を見込んでいる。

第2四半期(4-9月)までの円ドルレートの実績は同122円となっており、為替予約によって通期では業績予想前提の同120円より円高になることはない見込みだ。吉永社長は「むしろ心配なのは来期の動向」としており、足元の円高傾向に警戒を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  3. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  4. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  5. マグナ、メキシコ新工場を開業…外装部品を生産

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る