トヨタ米国販売、5.3%増の250万台…SUVが過去最高 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ ハイランダー
  • レクサスNX 200t(北米仕様)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • 新型 トヨタ タコマ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ カムリ(米国仕様)
  • トヨタ カローラ(米国仕様)
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は1月5日、2015年12月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、23万8350台。前年同月比は10.8%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

トヨタブランドの乗用車系では、ベストセラー乗用車の『カムリ』が、改良新型の2015年モデルが、3万7299台を販売。前年同月比は18%増と、4か月連続で増加した。2013年に新型を投入した『カローラ』は、7.7%増の3万2445台と、2か月ぶりのプラス。モデル末期の『プリウス』も、4.6%増の1万5076台と、2か月ぶりに増加する。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が、12月の新記録の3万1866台。前年同月比は38.6%増と4か月連続で増加した。中型SUVの『ハイランダー』は、7.2%増の1万6100台と、2か月ぶりに前年実績を上回る。大型ピックアップトラックの『タンドラ』は、6%増の1万1150台と、5か月ぶりに増加。新型を投入した『タコマ』は、20.4%増の1万7192台と、3か月連続で増加した。

レクサスブランドでは、新型SUVの『NX』が前年同月比76.7%増の5134台と大きく増加。新型クーペの『RC』も、前年同月比64.2%増の1711台を販売した。一方、新型投入を控えた『RX』は、前年同月比12.7%減の1万1899台と、2か月ぶりに減少。『IS』は、15.3%減の5028台と、8か月連続で減少。『GS』は3423台を売り上げ、前年同月比は24.7%増と2か月連続のプラス。『CT』は、9%減の1464台と、3か月連続で減少する。最上級SUVの『LX』は76.6%増の892台と好調。

トヨタ自動車の2014年米国新車販売は、前年比6.2%増の237万3771台。2015年は、前年比5.3%増の249万9313台だった。米国トヨタ販売のビル・フェイ副社長は、「2015年は、自動車産業にとって素晴らしい1年。トヨタでは、SUVなどのライトトラックが、過去最高の販売だった」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  5. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  6. ホンダ、軽自動車販売が18か月ぶりのプラス…4月実績

  7. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】圧電センサーを参考出品、車載シートへの導入目指す…積水化学工業

アクセスランキングをもっと見る