トヨタ米国販売、5.3%増の250万台…SUVが過去最高 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ RAV4 ハイブリッド
  • トヨタ ハイランダー
  • レクサスNX 200t(北米仕様)
  • レクサス LX570(2016年モデル)
  • 新型 トヨタ タコマ
  • トヨタ タンドラ
  • トヨタ カムリ(米国仕様)
  • トヨタ カローラ(米国仕様)
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は1月5日、2015年12月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、23万8350台。前年同月比は10.8%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

トヨタブランドの乗用車系では、ベストセラー乗用車の『カムリ』が、改良新型の2015年モデルが、3万7299台を販売。前年同月比は18%増と、4か月連続で増加した。2013年に新型を投入した『カローラ』は、7.7%増の3万2445台と、2か月ぶりのプラス。モデル末期の『プリウス』も、4.6%増の1万5076台と、2か月ぶりに増加する。

トヨタブランドのライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、主力の『RAV4』が、12月の新記録の3万1866台。前年同月比は38.6%増と4か月連続で増加した。中型SUVの『ハイランダー』は、7.2%増の1万6100台と、2か月ぶりに前年実績を上回る。大型ピックアップトラックの『タンドラ』は、6%増の1万1150台と、5か月ぶりに増加。新型を投入した『タコマ』は、20.4%増の1万7192台と、3か月連続で増加した。

レクサスブランドでは、新型SUVの『NX』が前年同月比76.7%増の5134台と大きく増加。新型クーペの『RC』も、前年同月比64.2%増の1711台を販売した。一方、新型投入を控えた『RX』は、前年同月比12.7%減の1万1899台と、2か月ぶりに減少。『IS』は、15.3%減の5028台と、8か月連続で減少。『GS』は3423台を売り上げ、前年同月比は24.7%増と2か月連続のプラス。『CT』は、9%減の1464台と、3か月連続で減少する。最上級SUVの『LX』は76.6%増の892台と好調。

トヨタ自動車の2014年米国新車販売は、前年比6.2%増の237万3771台。2015年は、前年比5.3%増の249万9313台だった。米国トヨタ販売のビル・フェイ副社長は、「2015年は、自動車産業にとって素晴らしい1年。トヨタでは、SUVなどのライトトラックが、過去最高の販売だった」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  3. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  6. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  7. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. ボッシュ、VW問題に声明「メーカー指定の部品を供給しただけ」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら