電動アシスト自転車の国内市場2%減、平均価格は3%アップ…2015年

自動車 ビジネス 国内マーケット

GfKライフスタイルトラッキング・ジャパンは、全国のGMS、ホームセンター、家電量販店における2015年の電動アシスト自転車販売動向を発表した。

2015年の電動アシスト自転車販売は、台数ベースでは前年比2%減となった。税抜き平均価格は9万円を上回って推移し、年間では前年と比べて3%上昇し9万4800円となった。この結果、金額前年比は1%増だった。

2015年は、最大商戦期である3月に販売が集中する傾向が強まった。消費増税前の駆け込み需要がなかった2013年との比較では、年間販売台数における3月の割合は3ポイント上昇し15%となった。

店頭販売時点でチャイルドシートが設置されているチャイルドシート設定車の構成比は、2013年が17%だったが、2014年が24%、2015年が27%と上昇基調にある。

チャイルドシート設定車は付属品が多いということに加え、ターゲットが若い母親であるため、デザイン性など外見に凝った商品が多いこともあり、非設定車に比べ3万円以上単価が高い。チャイルドシート設定車の構成比拡大が市場全体の平均価格を押し上げている。チャイルドシート設定車の税抜き平均価格は2015年が11万8700円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  7. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  8. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  9. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  10. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

アクセスランキングをもっと見る