人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

電動アシスト自転車の国内市場2%減、平均価格は3%アップ…2015年

自動車 ビジネス 国内マーケット

電動アシスト自転車販売動向
  • 電動アシスト自転車販売動向
  • 電動アシスト自転車販売動向
GfKライフスタイルトラッキング・ジャパンは、全国のGMS、ホームセンター、家電量販店における2015年の電動アシスト自転車販売動向を発表した。

2015年の電動アシスト自転車販売は、台数ベースでは前年比2%減となった。税抜き平均価格は9万円を上回って推移し、年間では前年と比べて3%上昇し9万4800円となった。この結果、金額前年比は1%増だった。

2015年は、最大商戦期である3月に販売が集中する傾向が強まった。消費増税前の駆け込み需要がなかった2013年との比較では、年間販売台数における3月の割合は3ポイント上昇し15%となった。

店頭販売時点でチャイルドシートが設置されているチャイルドシート設定車の構成比は、2013年が17%だったが、2014年が24%、2015年が27%と上昇基調にある。

チャイルドシート設定車は付属品が多いということに加え、ターゲットが若い母親であるため、デザイン性など外見に凝った商品が多いこともあり、非設定車に比べ3万円以上単価が高い。チャイルドシート設定車の構成比拡大が市場全体の平均価格を押し上げている。チャイルドシート設定車の税抜き平均価格は2015年が11万8700円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  10. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

アクセスランキングをもっと見る