電動アシスト自転車の国内市場2%減、平均価格は3%アップ…2015年 | レスポンス(Response.jp)

電動アシスト自転車の国内市場2%減、平均価格は3%アップ…2015年

自動車 ビジネス 国内マーケット

GfKライフスタイルトラッキング・ジャパンは、全国のGMS、ホームセンター、家電量販店における2015年の電動アシスト自転車販売動向を発表した。

2015年の電動アシスト自転車販売は、台数ベースでは前年比2%減となった。税抜き平均価格は9万円を上回って推移し、年間では前年と比べて3%上昇し9万4800円となった。この結果、金額前年比は1%増だった。

2015年は、最大商戦期である3月に販売が集中する傾向が強まった。消費増税前の駆け込み需要がなかった2013年との比較では、年間販売台数における3月の割合は3ポイント上昇し15%となった。

店頭販売時点でチャイルドシートが設置されているチャイルドシート設定車の構成比は、2013年が17%だったが、2014年が24%、2015年が27%と上昇基調にある。

チャイルドシート設定車は付属品が多いということに加え、ターゲットが若い母親であるため、デザイン性など外見に凝った商品が多いこともあり、非設定車に比べ3万円以上単価が高い。チャイルドシート設定車の構成比拡大が市場全体の平均価格を押し上げている。チャイルドシート設定車の税抜き平均価格は2015年が11万8700円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品