ヒュンダイの高級車 ジェネシス、米国でリコール…純正タイヤにひび割れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
  • 新型ヒュンダイ ジェネシス セダン
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の高級サルーン、『ジェネシス』。同車の新型が米国において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。ヒュンダイ ジェネシスの2015年モデルについて、ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、リコールの届け出を受けた、と発表している。

今回のリコールは、純正装着される韓国のハンコック製タイヤの不具合によるもの。NHTSAによると、ハンコックの「Ventus S1 noble2」タイヤのサイドウォールにひび割れがあり、最悪の場合、空気が急激に抜けて、車両の制御が効かなくなり、事故につながる可能性があるという。

リコールの対象となるのは、2015年モデルの新型ジェネシス。米国で販売された1万1142台が、リコールに該当する。

ヒュンダイは、対象車を所有する顧客に連絡。販売店において、別ブランドのタイヤに交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  8. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

  9. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら