【東京オートサロン16】RAYBRIG、ホンダ シャトル 向けライティングキット試作品を比較展示

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
  • ホンダ「シャトル」向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展したスタンレー電気(東京オートサロン2016/1月15日/幕張メッセ)
スタンレー電気は東京オートサロン2016で、ホンダ『シャトル』向け新作「RAYBRIG」ブランドの新作ライティングキットを参考出展。ヘッドランプ、フォグランプ、ロアスカート、リアコンビランプなどの試作品をベース車の左側部分にのみ組み込み、通常タイプとの比較デモを展開していた。

今回の試作パーツは、エンブレムイルミ、ヘッドランプ、イエローLEDフォグランプ、レーザーファイバーイルミ付きFRロアスカート、同サイドロアスカート、リアコンビランプ、リッドランプ、LEDルームランプ、LEDルーフ照明の9種類。

左側に配された試作品を点灯すると、青い夜と月あかりのイメージ。同社ブースでは、こうした実車の比較展示コーナーのほか、ホンダがSUPER GTに投入したマシン「HSV-010」(2013年)も展示されていた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

    【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. 【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

    【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  6. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  7. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  8. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  9. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る