【東京オートサロン16】新型 ロードスター 用ターボキット、ブリッツが初公開…年内市販化へ | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン16】新型 ロードスター 用ターボキット、ブリッツが初公開…年内市販化へ

自動車 ニューモデル モーターショー

ブリッツのロードスター向けターボキット(東京オートサロン16)
  • ブリッツのロードスター向けターボキット(東京オートサロン16)
  • ブリッツのロードスター向けターボキット(東京オートサロン16)
  • ブリッツのロードスター向けターボキット(東京オートサロン16)
  • ブリッツ(東京オートサロン16)
  • ブリッツ(東京オートサロン16)
  • ブリッツ(東京オートサロン16)
  • ブリッツ(東京オートサロン16)
  • ブリッツ(東京オートサロン16)
ブリッツはマツダ『ロードスター』向けボルトオンタイプのターボキットを東京オートサロン2016で初公開。40万円を切る価格で年内の市販化を予定しているという。

ブリッツの小林徹エキスパートは「チューニングニーズの高い車なので、いち早くターボ化して、今回出展することにした」とした上で、「純正の50馬力アップくらいの180馬力を目指して開発を進めている」と明かす。

また「制御系も純正のコンピューターを使うことを想定しているので、キットを取り付けるだけで使えるものを目指している。味付けとしてはターボを付けたからサーキットに行くというのではなくて、ストリートでも十分楽しめるような加速感を追求したい」としている。

展示車両にはターボキットのほか、「エアロパーツはフロントバンパー、サイド、リア、ウィングともすべてオリジナルで造って装着」しており、こちらは近く市販化される見通し。

ブリッツのブースでは、新型『プリウス』のカスタムカーも出展。「最速でのチューニングを期待されているお客様向けにフロントリップスポイラーを提案」している。また市販化は未定だがマフラーの試作品も装着している。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品