【東京オートサロン16】日本グッドイヤー金原社長「新たな成長戦略に取り組む」

自動車 ニューモデル モーターショー

日本グッドイヤー 金原雄次郎 社長
  • 日本グッドイヤー 金原雄次郎 社長
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
  • 日本グッドイヤー ブース
日本グッドイヤーの金原雄次郎社長は、1月15日に開幕した「東京オートサロン2016」のプレスカンファレンスで、住友ゴム工業との提携解消後の新体制移行が完了したことを受けて、新たな成長戦略に取り組む方針を明らかにした。

金原社長は「昨年10月以降、日本グッドイヤーは住友ゴム工業とのアライアンス解消に伴う新会社への移行作業を進めてきた。その移行プロセスが成功裏に完了したことを受けて、日本市場でのさらなる成長という次のステップに向け新しい体制でスタートを切ることになった」と、提携解消後の経緯を説明。

また「国内のタイヤ市場は強力なライバルが何社もあるが、市場の成長も限定的といわざるを得ない」としながらも、「私は日本グッドイヤーのこれからの成長に十分な手ごたえを感じている。というのも私どもには世界トップクラスのブランド力、日本市場向けに開発した独自性の高い商品、さらには国内で63年間にわたり皆様にご愛顧いただいてきたという実績があるからだ。その実績をもとに新生グッドイヤーとして日本でのさらなる成長戦略を描き、それに取り組むことが私の使命と考えている」と強調した。

成長戦略の具体的な施策としては「補修用タイヤでお客様のニーズに合った商品を提供することで市場拡大、シェアアップを目指す」ことや、「ブランド力の向上」を上げた。

このうちブランド力については「世界ではトップクラスを誇るが、日本国内のお客様にはもっともっと知っていただく余地がある。ブランドの認知度や好感度をさらに高めたい」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  6. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  7. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  8. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら