2015年の全国企業倒産件数、25年ぶりの9000件割れ…東京商工リサーチ調べ

自動車 ビジネス 企業動向

企業倒産年次推移
  • 企業倒産年次推移
  • 主要産業倒産件数推移
東京商工リサーチが1月13日に発表した2015年の全国企業倒産状況によると、企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は前年比9.44%減の8812件。25年ぶりに9000件を下回った。

月次ベースでは、年間を通して1回も900件には達せず、倒産抑制がより際立った。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した。さらに為替の円安基調が続く中で、原油や鉄鋼関連価格の低下などの資源安も経営環境を緩和したとみられる。

負債総額は同12.7%増の2兆1123億8200万円。3年ぶりに前年を上回った。負債100億円以上の大型倒産が15件(前年7件)と2倍増になったことが主な要因。このうち負債1000億円超えはMARU(旧:AIJ投資顧問)と第一中央汽船の2件。ただし、全体では負債1億円未満の構成比が71.7%を占め、小規模倒産が大半であることに変わりはない。

産業別では、10産業すべてで前年を下回った。建設業は1686件(同14.1%減)、小売業は1211件(同2.7%減)で、ともに7年連続の減少。製造業1290件(同8.0%減)と情報通信業371件(同5.8%減)は、ともに6年連続で減少した。また、卸売業1375件(同1.3%減)と運輸業363件(同10.1%減)は、3年連続で前年を下回り、不動産業が273件(同19.7%減)、サービス業他2136件(同12.4%減)、農・林・漁・鉱業68件(同29.1%減)がそろって2年ぶりに減少した。このうち、情報通信業とサービス業他を除く8産業は、1996年以降の過去20年間で最少件数となる低水準で、倒産の抑制ぶりを反映した。

地区別では、9地区のうち九州を除く8地区で前年を下回った。九州は前年同数の732件で、全国的な倒産減少が目立つ中で、唯一下げ止まりをみせた。一方、関東3412件(同7.7%減)と近畿2221件(同10.8%減)がともに6年連続の減少。中部1085件(同14.2%減)と中国383件(同14.3%減)が4年連続の減少。また、北海道279件(同7.3%減)と北陸200件(同20.0%減)が3年連続の減少。東北は320件(同7.7%減)で2年連続で前年を下回り、四国は180件(同9.5%減)で2年ぶりに減少に転じた。1996年以降の過去20年間では、9地区すべてで最少件数にとどまった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  6. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  7. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  8. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  9. ダイハツ、総生産台数が5年ぶりの50万台割れ 2016年上半期実績

  10. 日野、国内販売が3万台超え 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら