中国新車販売、4.7%増の2459万台…7年連続世界一 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ カローラ(北京モーターショー2014)
  • トヨタ カローラ(北京モーターショー2014)
  • 日産シルフィ
  • ホンダ フィット(中国仕様)
中国汽車工業協会は1月12日、中国における2015年の新車販売の結果を明らかにした。商用車と輸出を含めた総販売台数は、前年比4.7%増の2459万7600台と過去最高。3年連続で2000万台を突破すると同時に、米国を上回り7年連続で世界一となった。

ただし、前年比で4.7%の伸び率は、2014年の6.9%増を下回り、2年連続での一桁台。しかし、中国政府は2015年10月、小型車に対する減税を開始。これ以降、乗用車の新車販売は回復傾向にある。

日系メーカーでは、トヨタ自動車が前年比8.7%増の112万2500台。2年連続で100万台を超え、新記録を達成した。2014年夏にモデルチェンジした主力セダンの『カローラ』と、新型車の『レビン』の販売が好調。

日産自動車は125万0100台。前年比は6.3%増と、3年連続で前年実績を上回った。この台数は2013年に次いで、過去2番目に多い台数。2015年10月以降は、小型車減税の効果により、『シルフィ』の販売が伸びた。

ホンダは過去最高の100万6332台と、初の100万台超え。前年比は32.5%増と伸びた。広汽ホンダでは、『フィット』が新型投入により、前年比49.1%増の10万7585台と好調。東風ホンダでは、主力SUVの『CR-V』が、前年比7%増の16万8390台を販売している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

    マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  2. お盆期間中の「バスタ新宿」、1日平均利用者数3万6000人

    お盆期間中の「バスタ新宿」、1日平均利用者数3万6000人

  3. ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

    ホンダ、米サウスカロライナ工場に投資…ATV増産へ

  4. 全国初のフィアット/アバルト店舗オープン 9月3日

  5. 最強高度9H、自動車用ボディコーティング…Ceramic PRO 9H

  6. トヨタ、レクサス専用の部品センターを開所…米アトランタ

  7. 東洋ゴム、免震ゴム不正に関する株主代表訴訟 株主・元取締役の双方に「補助参加しない」

  8. FCA、米工場で新プレスラインが稼働…世界最大規模

  9. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  10. デンソーの人工知能プロジェクト…ポイントはDNN、小電力、共通化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら