マツダ、米国で約37万台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ アテンザ(参考画像)
  • マツダ アテンザ(参考画像)
  • マツダ RX-8(参考画像)
  • マツダ スピード アテンザ(参考画像)
タカタ製エアバッグの不具合により、世界規模で行われているリコール(回収・無償修理)。マツダが米国において、タカタ製エアバッグの不具合により、約37万台を追加リコールする。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダから、マツダ3車種の追加リコールの届け出を受けた、と公表している。

米国で追加リコールの対象となるのは、2003-2008年モデルの『アテンザ』、2006-2007年モデルの『マツダスピード・アテンザ』、2004年モデルの『RX-8』。

いずれも、助手席エアバッグのインフレータに不具合が見つかった。米国では、合計で37万4519台が追加リコールの対象となる。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、助手席エアバッグを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品