【新聞ウォッチ】プリウス超える? ヒュンダイ、新型HV アイオニック 発表

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ヒュンダイ IONIQ(アイオニック)
  • ヒュンダイ IONIQ(アイオニック)
  • ヒュンダイ IONIQ(アイオニック)
  • ヒュンダイ IONIQ(アイオニック)
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年1月8日付

●株終値423円下げ、1万8000円割れ、年始から4日続落(読売・1面)

●家電ショー、自動車も脚光(読売・10面)

●路線バス 暴走100メートルアパート突っ込む、小金井(朝日・39面)

●中国自動車メーカー、日本法人を設立(産経・10面)

●想定外の円高日本に暗雲も(産経・11面)

●大人になったらなりたいもの「運転士」過去最高4位に(産経・28面)

●現代自、エコカー新車種「HV燃費、プリウス超える」PHV・EVも(日経・9面)


ひとくちコメント

日本の市場ではなじみがうすいブランドだが、韓国の現代自動車(ヒュンダイ)が、エコカー専用の新車種『IONIQ(アイオニック)』を発表したという。

きょうの日経が報じているが、「年内にハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)の3種類を出す」そうだ。

気になるのは現代自動車幹部の話。記事によると「『HVの燃費はトヨタ自動車の新型プリウスを超える』と述べ、先行するトヨタへの対抗心をのぞかせた」と伝えている。

韓国で1月14日に発売する新型のHVは排気量1.6リットルのエンジンとリチウムイオン電池を搭載。価格は2300万ウォン(約230万円)程度からで「鉄よりも軽くて丈夫な超高張力鋼板やアルミニウムを活用、安全性能を確保しつつ車体を軽くして燃費性能を高めた」という。

「新型プリウスの燃費は米環境保護局(EPA)基準で計測したトヨタの推計値で1リットル当たり約21キロメートル(市街地)。現代自はアイオニックの米国基準の燃費を公開していないが、自主計測ではトヨタの公表値を上回ったとしている」(日経)とみている。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT】11月もてぎ大会は、土曜・日曜とも決勝250km戦を実施

    【SUPER GT】11月もてぎ大会は、土曜・日曜とも決勝250km戦を実施

  2. タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

    タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

  3. 【鈴鹿8耐】18~22歳は無料…ヤング割0円キャンペーン

    【鈴鹿8耐】18~22歳は無料…ヤング割0円キャンペーン

  4. 『頭文字D』といえば“パンダカラー”…2台のハチロクがレース参戦

  5. 【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

  6. ディーゼルに乗ってみました!!…『BMWミニマガジン』 Vol.11

  7. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  8. 【鈴鹿8耐】VIP観戦チケットが当たる…ツイッターキャンペーン開始

  9. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  10. 関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

アクセスランキングをもっと見る