スバル米国販売、13.4%増の58万台超え…7年連続の記録更新 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
  • スバル WRX 新型
  • スバル レガシィ 新型(北米モデル)
スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは1月5日、2015年の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、過去最高の58万2675台。前年比は13.4%増と、7年連続で前年実績を上回った。

最量販車は、『フォレスター』。2015年実績は、これまでの販売記録を更新する17万5192台。前年比は9.5%増と、好調だった。

また、もうひとつの主力車種の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)も人気。2015年は過去最高の15万2294台を販売。前年比は9.7%増と伸びた。『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、15.6%増の6万0447台と売れている。

2012年9月に発売された『XVクロストレック』(日本名:『インプレッサXV』)も好調。2015年は、新記録となる8万8927台を販売。前年比は25.3%増と伸びた。

さらに、『WRX』シリーズは、『WRX STI』を含めて、2015年は過去最高の3万3734台を販売。前年比は、32.3%増と大幅な増加。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は2015年、6万6785台を販売。前年比は15.2%増と、プラスに転じた。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「販売店の努力に感謝したい。2016年も成功が続くだろう」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  3. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

    【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  4. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  5. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  6. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  7. ホンダ、軽自動車販売が18か月ぶりのプラス…4月実績

  8. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  9. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  10. 三菱自、登録車販売除き、生産・販売ともに前年同月比マイナス…燃費不正の影響大

アクセスランキングをもっと見る