スバル米国販売、13.4%増の58万台超え…7年連続の記録更新 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル インプレッサ(北米仕様)
  • スバル フォレスター(米国仕様車)
  • スバル アウトバック(北米モデル)
  • スバルXVクロストレック(日本名:インプレッサXV)
  • スバル WRX 新型
  • スバル レガシィ 新型(北米モデル)
スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは1月5日、2015年の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、過去最高の58万2675台。前年比は13.4%増と、7年連続で前年実績を上回った。

最量販車は、『フォレスター』。2015年実績は、これまでの販売記録を更新する17万5192台。前年比は9.5%増と、好調だった。

また、もうひとつの主力車種の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)も人気。2015年は過去最高の15万2294台を販売。前年比は9.7%増と伸びた。『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、15.6%増の6万0447台と売れている。

2012年9月に発売された『XVクロストレック』(日本名:『インプレッサXV』)も好調。2015年は、新記録となる8万8927台を販売。前年比は25.3%増と伸びた。

さらに、『WRX』シリーズは、『WRX STI』を含めて、2015年は過去最高の3万3734台を販売。前年比は、32.3%増と大幅な増加。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は2015年、6万6785台を販売。前年比は15.2%増と、プラスに転じた。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「販売店の努力に感謝したい。2016年も成功が続くだろう」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  3. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

    【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  4. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

  5. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

  8. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら