世界のデジタルサイネージにリアルタイム配信…電通がサービス開始 | レスポンス(Response.jp)

世界のデジタルサイネージにリアルタイム配信…電通がサービス開始

エンターテインメント 話題

 電通は6日、ヨーロッパ・中東・アフリカ、アメリカ、アジア太平洋地域の主要都市(ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、シドニーなど)のデジタルサイネージに、コンテンツをリアルタイム配信するサービスを発表した。12日より提供を開始する。

 電通は、OOH(屋外・交通広告)領域を専門とする英Posterscope(ポスタースコープ社)と連携。同社と提携している英Liveposter(ライブポスター社)の配信ツール「Liveposter」を使用し、サービスを提供する。「Liveposter」は、世界の主要都市にある1,000画面以上のデジタルサイネージをネットワーク化しており、リアルタイム同時配信が可能。ライブポスター社は今後も世界中にネットワークを広げていく計画だ。

 「Liveposter」を使用することで、世界の国際空港や主要駅のコンコース・ホームにあるサイネージ、高速道路沿い・複合商業施設に設置されている大型サイネージなどに、日本からコンテンツの配信・掲出が可能。CMS機能によって、クリエーティブ表現の自動生成も行われる。

 電通は、日本からは初となるリアルタイム配信実験を、4日にロンドンで実施。新年のメッセージを10色の背景色・10通りの浮世絵・30名の人物写真・100色の電通ブランドロゴ・4通りの天候データを組み合わせ、合計120万通りのパターン表示を自動的に生成して配信したという。

世界のデジタルサイネージにリアルタイム同時配信……電通がサービス開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品