日産の南米向け新型SUV、キックス …ブラジルで生産へ

自動車 ニューモデル 新型車

日産キックスの予告イメージ
  • 日産キックスの予告イメージ
  • 日産 キックス・コンセプト(参考画像)
  • 日産 キックス・コンセプト(参考画像)
日産自動車は1月4日、ブラジル・リオデジャネイロにおいて、2016年に中南米市場で発売する新型クロスオーバー『キックス』を、同国のレゼンデ工場で生産すると発表した。

日産は、2014年に稼働を開始し、ブラジル市場で主力モデルの『マーチ』や『ラティオ』を生産するレゼンデ工場に、今回新たに7億5千万レアル(約228億円)を投資。ブラジル国内に600人を新規雇用する。また、新型キックスの生産開始に伴い、レゼンデ工場は2直体制となる予定。

日産は2012年、サンパウロモーターショー12で発表した『エクストレム』コンセプト、続く2014年に発表したキックスコンセプトの開発で培った知見や顧客からのフィードバックをベースに、各市場の文化や生活スタイルのニーズを採り入れ、新型モデルの開発に活かしてきた。 

新型キックスは、中南米市場における2016年の発売を皮切りに、グローバルでの投入を検討している。なお日産は、キックスの予告イメージを1点、配信した。

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、「2003年に日産初となるクロスオーバーモデル『ムラーノ』を発売して以来、日産は世界のクロスオーバー市場でリーダーシップを取ってきた。その後に続くクロスオーバーの『ジューク』や『キャシュカイ』、『エクストレイル』の市場での成功は、先進的でユニークなデザインに加え、日産が持つ先進技術を搭載したことが要因。今回のキックスの投入により、日産の強みであるクロスオーバーラインアップを、より多くの市場に浸透させることが可能になるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  2. 中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

    中国ジーリー、新型コンパクトSUVで世界進出へ

  3. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

    【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  4. ボルボ、S60/V60 ディーゼルモデルにスポーティな特別仕様を設定

  5. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

  6. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  7. メルセデス S300h および S550eロング に左ハンドル仕様を追加

  8. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  9. 日本初のFCフォークリフト、トヨタL&Fが今秋発売…3分充填で8時間稼働

  10. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら