マクラーレン P1、米国でリコール…ボンネットが走行中に開く恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
英国マクラーレンオートモーティブのPHV(プラグインハイブリッド)スーパーカー、『P1』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「マクラーレンオートモーティブから、P1に関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、ボンネットの不具合が原因。NHTSAによると、P1のボンネットの固定システムが適切でない可能性があり、最悪の場合、走行中にボンネットが開く恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2014-2015年モデルのP1の一部。2013年3月1日から2015年10月末にかけて生産され、米国で販売された122台が該当する。

マクラーレンオートモーティブでは、対象車を保有する顧客に連絡。新設計のラッチに交換するリコール作業を実施する予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

    ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  4. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  5. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

  6. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  7. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  8. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  9. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  10. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら