マクラーレン P1、米国でリコール…ボンネットが走行中に開く恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
  • マクラーレン P1の市販モデル
英国マクラーレンオートモーティブのPHV(プラグインハイブリッド)スーパーカー、『P1』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「マクラーレンオートモーティブから、P1に関するリコールの届け出を受けた」と発表している。

今回のリコールは、ボンネットの不具合が原因。NHTSAによると、P1のボンネットの固定システムが適切でない可能性があり、最悪の場合、走行中にボンネットが開く恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2014-2015年モデルのP1の一部。2013年3月1日から2015年10月末にかけて生産され、米国で販売された122台が該当する。

マクラーレンオートモーティブでは、対象車を保有する顧客に連絡。新設計のラッチに交換するリコール作業を実施する予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

    日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 三菱自、通期利益予想据え置き…営業利益は75%の大幅減 第1四半期決算

  9. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  10. 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら