月額150円の自転車保険、全国の「サイクルベースあさひ」で展開へ

自動車 ビジネス 企業動向

補償内容一覧。最大1億円の個人賠償の他、本人や家族の自転車搭乗中の死亡・後遺障害に400万円、2,000円/1日の入院保険金が補償される(画像はプレスリリースより)
  • 補償内容一覧。最大1億円の個人賠償の他、本人や家族の自転車搭乗中の死亡・後遺障害に400万円、2,000円/1日の入院保険金が補償される(画像はプレスリリースより)
  • 保険料は本人タイプが月額150円ないし、年額1,680円、家族タイプが月額、270円年額2,920円となる(画像はプレスリリースより)
 au損害保険は4日、自転車販売チェーン「サイクルベースあさひ」を運営するあさひ向けにオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」を開発し、2月下旬から全国に414店舗ある「サイクルベースあさひ」全店(2016年1月1日現在)で取り扱うことを発表した。

 自転車事故でも高額な賠償事例が発生する事例などを受け、日本最大自転車販売チェーンの「サイクルベースあさひ」で手軽で安心な自転車保険を展開していく。怪我の保障は自転車搭乗中に限定することで、月額150円という低価格を実現。自転車搭乗時以外の日常生活全般においても、本人タイプ、家族タイプともに最大1億円の個人賠償が補償される。加害者になった場合の示談代行サービスも提供されるとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

  6. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  7. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  8. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

  9. オートバックス、ラップラオ101店を新規オープン…タイ8店舗目

  10. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら