月額150円の自転車保険、全国の「サイクルベースあさひ」で展開へ

自動車 ビジネス 企業動向

補償内容一覧。最大1億円の個人賠償の他、本人や家族の自転車搭乗中の死亡・後遺障害に400万円、2,000円/1日の入院保険金が補償される(画像はプレスリリースより)
  • 補償内容一覧。最大1億円の個人賠償の他、本人や家族の自転車搭乗中の死亡・後遺障害に400万円、2,000円/1日の入院保険金が補償される(画像はプレスリリースより)
  • 保険料は本人タイプが月額150円ないし、年額1,680円、家族タイプが月額、270円年額2,920円となる(画像はプレスリリースより)
 au損害保険は4日、自転車販売チェーン「サイクルベースあさひ」を運営するあさひ向けにオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」を開発し、2月下旬から全国に414店舗ある「サイクルベースあさひ」全店(2016年1月1日現在)で取り扱うことを発表した。

 自転車事故でも高額な賠償事例が発生する事例などを受け、日本最大自転車販売チェーンの「サイクルベースあさひ」で手軽で安心な自転車保険を展開していく。怪我の保障は自転車搭乗中に限定することで、月額150円という低価格を実現。自転車搭乗時以外の日常生活全般においても、本人タイプ、家族タイプともに最大1億円の個人賠償が補償される。加害者になった場合の示談代行サービスも提供されるとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

    レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  2. マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

    マツダ、初代ロードスターのレストア、パーツ供給を検討

  3. チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

    チョウチョと遊ぶニャンコたち…こんなデザインのサンシェード

  4. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  5. いすゞ製観光バスの早期点検を呼びかけ…フロントショック折損のおそれ

  6. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  7. 【プロに聞くタイヤ選び】燃費、安全、快適性…現状の不満点から考えるベストなタイヤとは

  8. 合成油のパイオニア、冬に強い「モービル1」…選ばれる理由とは

  9. 【インタビュー】マツダ 福原和幸常務執行役員 「進化のアクセラから反転攻勢」

  10. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら