錦織圭、2016年の目標は「大きな大会での結果」

エンターテインメント 話題

錦織圭は1月3日、ブリスベン国際の男子ダブルスにグリゴール・ディミトロフとのペアで出場、ルーカス・ドロウヒー/ドミニク・ティエム組に7-6、6-2で勝利した。

18日から開幕する全豪オープンに向け、調整の一環としてダブルスに出場した錦織。第1セットはタイブレークにもつれ込んだが、第2セットは安定したプレーで終始圧倒した。

今シーズン初戦を前にした会見では、「グランドスラムや大きな大会でもっと良い結果を残したい」と、2016年の目標を語っていた錦織。今年は初のマスターズ、四大大会制覇が見られるか。

「グランドスラムで準決勝や決勝に残ることが引き続き目標です。そしてマスターズ制覇も大きな目標になります。オリンピックでプレーすることは、とても楽しみにしています。すでに2度経験しているから、今年も準備できています。ブラジルは一度か二度、ジュニアのときにプレーしたことがあるだけなので、行けるのは楽しみ。自分にとっても日本にとっても、とても大きな大会。メダルが獲れたら素晴らしい」

昨シーズン後半は怪我で調子を落とし、ランキングも8位まで後退した。だがATPツアー・ファイナルでは、復調の兆しも見せている。慌ただしいオフを過ごした錦織だが、新シーズンに向けては「良い準備ができた。調子も良いし自信はある」と力強い言葉が聞けた。
《岩藤健@CycleStyle》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品