【カーライフよろず知恵袋】FMでAM放送?「ワイドFM」の楽しみ方

自動車 ビジネス 国内マーケット

カロッツェリア・FH-6200DVD
  • カロッツェリア・FH-6200DVD
「ワイドFM」が始まっていることをご存じだろうか。今月の【カーライフよろず知恵袋】では、これが何なのか、どのようにして楽しめばいいのかをじっくりと解説していく。まず今週は、その概要からお伝えする。

2015年の12月7日の午後1時から、東京のAMラジオ局の3局、ニッポン放送、文化放送、TBSラジオが「ワイドFM」の放送をスタートさせた。実は、それよりも前から「ワイドFM」を開始していた放送局は全国で11局あり、そして今年の春までには、全国のAM局の約半数が開始予定だという。今まさに、広がっている真っ最中、というわけだ。

これが何かというと、つまりは「AM放送をFM電波でも聴ける、新たなラジオの形態」ということになる。AM局で放送している番組が、同時にFM電波でも流されるのだ。使用される周波数帯は、90.1MHzから95MHz。リスナーは以前のようにAM電波でそれを聴いてもいいのだが、対応するラジオがあるのなら、FMで受信したほうが電波状況が良い。よりクリアなコンディションでAM放送が楽しめるのだ。

ちなみに、これまでの通常のラジオチューナーは、90MHzまでしかFM電波を受信できない。なので、「ワイドFM」に対応したラジオを用意しないと、これを楽しめない。

ただし、最新のカーナビ、カーオーディオ・メインユニットの多くはこれに対応している(具体的な機種については連載の後半でご紹介していく)。つまり、最新の機器に買い換えさえすれば、これを聴くことが可能だ。

ところで、なぜ今になってこのような形態のラジオ放送が始まったのだろうか。その背景には、「地デジ」がある。「地上波アナログ放送」が終了し、そこで使われていた周波数帯が空き、それを有効活用すべく始まった、というところでもあるのだ。

とはいえ、空いているから、という理由だけで始まったわけでは、もちろんない。あくまでも“有効利用”すべく始められている。

それについては次回に詳しく解説していく。「ワイドFM」の本来の目的と、結果、我々にもたらされるメリットについて掘り下げて行く。次回もお読み逃しなく。

【カーライフよろず知恵袋】FMでAM放送!? 「ワイドFM」の楽しみ方 教えます!

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  8. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら