GM中国本社、社員の通勤に「相乗り」を試験導入

自動車 ビジネス 海外マーケット

GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GM(参考画像)
米国の自動車最大手、GMの中国法人、GMチャイナは12月31日、上海在住の社員に対して、通勤時に相乗りを行う試験プログラムを開始した、と発表した。

中国では、通勤時の渋滞が激しさを増しており、自動車の排出ガスによる大気汚染も深刻化。そこでGMは、上海の社員が、通勤時に相乗りを行うプログラムを試験的に導入した。

このプログラムでは、GMが独自開発した携帯電話用アプリケーションを使用。ドライバーが、通勤ルートや出社時刻、乗車可能人数といった情報を入力。また、同乗者も、希望ルートや出社時刻を入力する。

するとコンピューターが、ドライバーと同乗者の条件に合う組み合わせを瞬時にリスト化。相乗りが可能な情報を、アプリケーションを通じて配信する。

GMチャイナは、中国上海本社のおよそ700名の社員に、このプログラムを利用してもらう方針。GMチャイナは、「排出ガスと渋滞を減らすために努力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  2. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

    トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  3. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

    恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  4. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  5. ホンダ、タカタ製エアバッグで15万台追加リコール…マレーシア

  6. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  9. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  10. 日産、国内の女性管理職比率が9.1%に上昇…4人に1人は部長級以上

アクセスランキングをもっと見る