GM中国本社、社員の通勤に「相乗り」を試験導入

自動車 ビジネス 海外マーケット

GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GM(参考画像)
米国の自動車最大手、GMの中国法人、GMチャイナは12月31日、上海在住の社員に対して、通勤時に相乗りを行う試験プログラムを開始した、と発表した。

中国では、通勤時の渋滞が激しさを増しており、自動車の排出ガスによる大気汚染も深刻化。そこでGMは、上海の社員が、通勤時に相乗りを行うプログラムを試験的に導入した。

このプログラムでは、GMが独自開発した携帯電話用アプリケーションを使用。ドライバーが、通勤ルートや出社時刻、乗車可能人数といった情報を入力。また、同乗者も、希望ルートや出社時刻を入力する。

するとコンピューターが、ドライバーと同乗者の条件に合う組み合わせを瞬時にリスト化。相乗りが可能な情報を、アプリケーションを通じて配信する。

GMチャイナは、中国上海本社のおよそ700名の社員に、このプログラムを利用してもらう方針。GMチャイナは、「排出ガスと渋滞を減らすために努力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  5. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  6. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  7. 童夢、台湾KCMG-CIL社とカーボンコンポジットの技術開発で業務提携

  8. ポルシェ、空冷エンジン旧車用オイルを夏に向けて発売

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る