GM中国本社、社員の通勤に「相乗り」を試験導入

自動車 ビジネス 海外マーケット

GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GMの中国本社が社員の通勤に「相乗り」を試験導入
  • GM(参考画像)
米国の自動車最大手、GMの中国法人、GMチャイナは12月31日、上海在住の社員に対して、通勤時に相乗りを行う試験プログラムを開始した、と発表した。

中国では、通勤時の渋滞が激しさを増しており、自動車の排出ガスによる大気汚染も深刻化。そこでGMは、上海の社員が、通勤時に相乗りを行うプログラムを試験的に導入した。

このプログラムでは、GMが独自開発した携帯電話用アプリケーションを使用。ドライバーが、通勤ルートや出社時刻、乗車可能人数といった情報を入力。また、同乗者も、希望ルートや出社時刻を入力する。

するとコンピューターが、ドライバーと同乗者の条件に合う組み合わせを瞬時にリスト化。相乗りが可能な情報を、アプリケーションを通じて配信する。

GMチャイナは、中国上海本社のおよそ700名の社員に、このプログラムを利用してもらう方針。GMチャイナは、「排出ガスと渋滞を減らすために努力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  2. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

    【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  3. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  4. 日産の挑発…ポルシェとアウディに屈辱のメッセージ

  5. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  6. カレコ・カーシェアリング、沖縄県に初進出

  7. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  8. 2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

  9. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  10. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら