【まとめ】東京モーターショー15を振り返る…三菱編 | レスポンス(Response.jp)

【まとめ】東京モーターショー15を振り返る…三菱編

自動車 ニューモデル モーターショー

東京モーターショー15でアンヴェールとなったコンパクトSUVの「exコンセプト」
  • 東京モーターショー15でアンヴェールとなったコンパクトSUVの「exコンセプト」
  • 三菱は今後もSUV+EV(PHEV)の開発を進めていくという。
  • 三菱ブース(東京モーターショー15)
  • 三菱ブース(東京モーターショー15)
  • 三菱 eXコンセプト(東京モーターショー15)
  • 三菱 eXコンセプト(東京モーターショー15)
  • 三菱 eXコンセプト(東京モーターショー15)
  • 三菱ブースのスマートフォン連携ディスプレイオーディオ体験コーナー(東京モーターショー15)
2年に一度の自動車の祭典、「第44回 東京モーターショー2015」が10月28日から11月8日まで開催された。

会期中の入場者は81万2500人。天候に恵まれなかったこともあり、前回の(90万2800人)より少ないが、来場者アンケートでの満足度は前回を上回る結果となった。

11か国から160社が出展し、ワールドプレミア(世界初公開)は75台。FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループのアルファロメオ、フィアット、ジープ、アバルトが8年ぶりに復帰するほか、仏PSA(プジョーシトロエン)からDSブランドが初出展するなど、海外勢も盛り上がりを見せた。

出展車両は、クリーンディーゼルやEVなどの環境性能、自動運転などの最新技術に注目を集めた。また、国内外メーカーから多くのスポーツモデルが発表された。ここでは、各メーカーの注目出展車などを振り返りたい。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆プレスカンファレンス
三菱自 相川社長「新EVコンセプトは1歩先に踏み出せる走り」

三菱ふそう副社長「2020年までに日本一に」


◆三菱自動車の提案する次世代EV 『eXコンセプト』

三菱 eX コンセプト 世界初公開…次世代EVシステム採用の小型SUV

三菱 eXコンセプト…SUVとEV、強みを形に[詳細画像]

eXコンセプト 発表の三菱、SUVと電気の力で一歩先を目指す


◆三菱ふそう、会場を沸かせた巨大なスパイダー

三菱ふそう、クレーン4基搭載の大型トラックを参考出品

まるで十得ナイフ?「型にはまらない」三菱ふそうの スーパーグレートV スパイダー

三菱ふそう、クレーン4基搭載の多機能トラックを展示

三菱ふそう スーパーグレートV スパイダー[詳細画像]

三菱ふそう スーパーグレートV…エコドライブパッケージを追加[詳細画像]


◆三菱電機の考える自動運転の形『EMIRAI』

三菱電機、次世代運転支援技術を搭載したコンセプトカーを出展

三菱電機、自動運転コンセプトカー EMIRAI3 xAUTO を開発

三菱電機 EMIRAI3 xDAS…次世代の運転支援コンセプト[詳細画像]
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品