【まとめ】ジェントルマンレースの最高峰、参加台数は上限に…スーパー耐久

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

普段街で目にするような、市販車に小改造を施したマシンが戦うスーパー耐久シリーズ。細かいクラス分けにより白熱した戦いが繰り広げられ、25年目を迎えた今年は参加台数が上限まで達するなど、密かな人気を博している。

クラス分けは、GT3車両がひしめくSTXクラス、3.5リットルより大きな排気量をもつ車両のST1クラス、『ランサーエボリューション』や『WRX STI』に代表される2リットルから3.5リットルの4WD車両が争うST2クラス、2リットルから3.5リットルの2輪駆動車で争われるST3クラス、2リットル以下で行われるST4クラス、1.5リットル以下の『デミオ』や『フィット』などがひしめくST5クラスに分けられる。

そのスーパー耐久を支えているのはジェントルマン・ドライバーたち。レースの仕組みもジェントルマンを大切にする土壌が整っており、見る側だけでなく、参加する側に取っても非常に魅力的なレースとなっている。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆激闘の2015年を振り返る

【スーパー耐久 開幕戦】ST-X / ST-2 / ST-3クラス…総合優勝はENDLESS ADVAN BMW

【スーパー耐久 開幕戦】ST-4/ST-5…ウインマックス TEIN がST-4クラスで、もてぎ3連覇

【スーパー耐久 第2戦】ST-Xクラス、逆転勝利を飾ったのはREAF REAL ESTATE KiiVA BMW

【スーパー耐久 第2戦】ST-4/ST-5…ホンダカーズ野崎、ペナルティ受けるも追い上げST-5クラス優勝

【スーパー耐久 第3戦】真夏の8時間耐久、1万7400人が来場

【スーパー耐久 第5戦】MACH MAKERS GT-Rが初優勝、ENDLESS ADVAN BMWが王者獲得

【スーパー耐久 最終戦】公式予選はメルセデス SLS が総合ポール、わずか0.039秒差の接戦に

【スーパー耐久 最終戦】残り5分で大逆転、GTNET ADVAN GT-Rが総合優勝

【スーパー耐久 最終戦】同ポイント決戦となったST-4クラス…埼玉トヨペットGreenBraveが王座に
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 日本一贅沢なジムカーナ…Lamborghini Instinct Experience

    日本一贅沢なジムカーナ…Lamborghini Instinct Experience

  2. 新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

    新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

  3. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  4. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  5. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  6. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  7. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  8. ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版、6月3日発売決定

  9. 【F1 モナコGP】トヨタ MIRAI、オープニングラップに起用

  10. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

アクセスランキングをもっと見る