殺人未遂事件を起こした男性、パトカーにはねられ死亡 | レスポンス(Response.jp)

殺人未遂事件を起こした男性、パトカーにはねられ死亡

自動車 社会 社会

12月27日午前4時10分ごろ、愛知県岡崎市内の東名高速道路上り線で、本線上に倒れこんでいた71歳の男性が、パトロール中のパトカーにはねられる事故が起きた。男性は死亡したが、殺人未遂事件に関わっていた疑いがあるという。

愛知県警・高速隊によると、現場は岡崎市東阿知和町付近で片側3車線の緩やかなカーブ。同隊のパトカーがパトロールをしていたところ、本線上に倒れこんでいた高齢の男性をはねた。

男性は全身を強打し、外傷性ショックなどが原因でまもなく死亡。後の調べで同市内に在住する71歳の男性と判明したが、この男性は事故が起きる約15分前に自宅で74歳の元妻と、46歳の長女を金づちで殴打して重軽傷を負わせる事件を起こし、逃走していたこともわかった。

男性は事件を起こした後、「俺も死ぬ」と言い残し、現場となった自宅を離れており、警察では高速道路に侵入して自殺を図ったものとみて、事件や事故が発生した経緯を詳しく調べる方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品