ジープ グランドチェロキー、再リコール…化粧鏡の照明から火災の恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・グランドチェロキー
米国の自動車大手、FCA US(旧クライスラーグループ)は12月24日、北米中心に全世界で約47万台のジープとダッジ車をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、2014年7月に発表されたもの。サンバイザーに装着されるバニティミラー(化粧鏡)の照明配線に不具合があり、バニティミラーの照明配線がショートし、火災を起こす恐れがある。全世界で約90万台が対象だった。

今回のリコールは、対策済み車両の中に、極めて少数ながら、同じ不具合を起こす可能性があるために行われる。該当するのは、2011-2012年モデルのジープ『グランドチェロキー』とダッジ『デュランゴ』。

市場別では、米国が35万2831台、カナダが2万6487台、メキシコが1万3037台。その他、NAFTA地域以外が、8万4330台。合計で、47万6685台。

なお、FCA USは、「この不具合に起因した事故や負傷者の報告は受けていない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  2. ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

    ガラス用フィルム施工…国家技能検定を開催 9月1日から受け付け

  3. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

    ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  4. デンソー、自動運転技術の開発を強化…カーネギーメロン大金出教授が顧問に

  5. 宅急便の荷物受け取り日時を事前に指定---ヤマト運輸のサービス

  6. ピニンファリーナデザインの高級ルーフボックス、テルッツォが発売

  7. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  8. 東名EXPASA足柄で「グランピング」…グラマラスなキャンプ

  9. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  10. VW、サプライヤーと和解…独6工場の生産再開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら