米運輸省、BMWに制裁金…MINIのリコールに不備

自動車 ビジネス 企業動向

MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
  • MINI ハッチバック
米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は12月21日、BMWの米国法人、BMWノースアメリカに対して、最大4000万ドル(約48億円)の民事制裁金を科すと発表した。

今回の制裁金は、BMW傘下のMINIが、米国で実施したリコール(回収・無償修理)に関して、対応に不備があったために科せられるもの。

2014年10月、MINI『ハッチバック』の「クーパー」は、NHTSA の衝突テストで不合格に。BMWノースアメリカは、「車両の重量に誤りがあり、正しい重量なら試験に合格していた」と主張。NHTSAとの間で、タイヤの性能表示ラベルの車両重量表記を正すリコールと、ボディサイドに側面衝突用の補強を施すサービスキャンペーンを行うことで合意した。

その後、2015年7月、NHTSAは、正しい重量および側面衝突用の補強を施したとされるMINIハッチバックで、再び衝突テストを実施。しかし、結果はまたも不合格。NHTSAによると、BMWノースアメリカが、NHTSAとの間で合意していた顧客に対するサービスキャンペーンを、実施していないことが判明したという。

今回の制裁は、これを受けての対応。NHTSAのアンソニー・フォックス長官は、「BMWは顧客や国民、安全性に対する義務を果たしていない」と非難している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  3. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  10. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら