サーブの親会社、NEVS…中国で25万台のEVを受注

エコカー EV

サーブ 9-3
  • サーブ 9-3
スウェーデンの自動車メーカー、サーブの現在の親会社、NEVS社は12月17日、中国で25万台のEVを受注した、と発表した。

25万台ものEVを発注したのは、中国のパンダ・ニュー・エナジー社。同社は、中国のリース会社で、世界で最大のEVリース会社を目指している。

両社の合意内容は、まず2020年末までに、サーブ『9-3』をベースにしたEV15万台を、NEVS社がパンダ・ニュー・エナジー社に納入。

さらに、他のEV10万台および、それに関するサービスを、NEVS社がパンダ・ニュー・エナジー社に追加で納入する。契約金額は、780万元という大型受注となる。

NEVS社のステファン・ティルク副会長は、「これはNEVSにとって、戦略的な協力関係になる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  2. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

    マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  5. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  6. 【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか?

  7. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  8. テスラの新型コンパクトSUV、車名は「モデルY」に

  9. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その1…実用燃費から読み解く、ガラパゴス日本の「ハイブリッド」と「CVT」

  10. トヨタ プリウス 次期型、「著しい燃費向上」…小木曽常務役員

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら