【トヨタ プリウス 新型】米10ベストエンジン2016に選出

エコカー EV

トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
米国の『ワーズオートワールド』誌は12月10日、「10ベストエンジン2016」に、新型トヨタ『プリウス』のハイブリッドパワートレインを選出すると発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が22回目。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能に着目して、同誌の編集者が10エンジンを選出する。

選考条件は、2016年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万1000ドル(約740万円)以下。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外される。

10ベストエンジン2016のひとつに選出されたのが、新型プリウス用の1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドパワートレイン。米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地が約23km/リットル、高速が約21.3km/リットル、複合モードが約22.1km/リットル。トヨタによると、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を除けば、米国の量産乗用車で最高燃費という。

『ワーズオートワールド』誌は、新型プリウスを10ベストエンジン2016に選んだ理由について、「量産エンジンとして世界で初めて最大熱効率40%を実現した点、試乗テストで約25.4km/リットルの燃費を示した点」などを挙げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

    トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  2. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

    【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  3. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

    テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  4. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  5. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  6. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  7. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  8. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

  9. 乗用車燃費ベスト10、トップは登録車 プリウス、軽自動車は アルト

  10. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

アクセスランキングをもっと見る