【トヨタ プリウス 新型】米10ベストエンジン2016に選出

エコカー EV

トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
米国の『ワーズオートワールド』誌は12月10日、「10ベストエンジン2016」に、新型トヨタ『プリウス』のハイブリッドパワートレインを選出すると発表した。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が22回目。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能に着目して、同誌の編集者が10エンジンを選出する。

選考条件は、2016年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万1000ドル(約740万円)以下。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外される。

10ベストエンジン2016のひとつに選出されたのが、新型プリウス用の1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドパワートレイン。米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地が約23km/リットル、高速が約21.3km/リットル、複合モードが約22.1km/リットル。トヨタによると、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を除けば、米国の量産乗用車で最高燃費という。

『ワーズオートワールド』誌は、新型プリウスを10ベストエンジン2016に選んだ理由について、「量産エンジンとして世界で初めて最大熱効率40%を実現した点、試乗テストで約25.4km/リットルの燃費を示した点」などを挙げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ MIRAI、ノルウェー第一号車を納車…欧州5か国目

    トヨタ MIRAI、ノルウェー第一号車を納車…欧州5か国目

  2. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

    【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  3. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  4. トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

  5. テスラ「モデル3」、3月末に発表へ…低価格EVセダン

  6. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  7. VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

  8. 【ホンダミーティング15】最新FCVに試乗…クラリティ とは比較にならぬほど洗練された

  9. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る