ミシュラン XOne、平ボディー車両に採用で積載量アップ…岐阜の運輸会社が導入 | レスポンス(Response.jp)

ミシュラン XOne、平ボディー車両に採用で積載量アップ…岐阜の運輸会社が導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用ワイドシングルタイヤ「ミシュラン XOne」が、熊谷産業(岐阜県土岐市)が新たに導入した平ボディー車両の新車装着タイヤとして採用されたと発表した。

ミシュラン XOneは、トラックの後輪に装着されている2本(ダブルタイヤ)を1本にするというコンセプトで、1車軸当たり約100kgの軽量化を達成。車両の輸送効率向上と環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤで、駆動軸にも使用できるということで注目を集めている。

熊谷産業は、中京地区を中心に窯業原料や建築土木資材等の輸送を行っている。今回、最大積載量向上による輸送効率化に注目し、自社が導入する平ボディー車両の後輪2軸に、ミシュラン XOne XDN2を採用。従来仕様の車両では最大積載量が1万4400kgだったが、ミシュラン XOneの導入や、車両本体と架装部品等の軽量化により、最終的に最大積載量1万5200kgを確保した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品