【リコール】日産 ラティオ、ウインカーが常時点灯…火災に至るおそれも

自動車 ビジネス 国内マーケット

日産 ラティオ
  • 日産 ラティオ
  • 改善箇所
日産自動車は12月10日、『ラティオ』のボディコントロールモジュールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日産『ラティオ』1車種で、2014年10月17日から2015年1月13日に製造された1343台。

電気部品の作動を制御するボディコントロールモジュール(BCM)において、ウインカー用回路が不適切なため、ヘッドランプに帯電した静電気によりウインカー制御用の素子が破損し、ウインカーが点灯したままになることがある。そのまま点灯させておくと当該素子が発熱して焼損し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ウインカーの電気配線に静電気吸収用配線を追加する。

不具合は3件発生、発煙事故が2件起きている。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

    ポルシェ パナメーラ 初代、生産終了…7年の歴史に幕

  3. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

    三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  4. JXホールディングスと東燃ゼネラルが経営統合へ「JXTGホールディングス」

  5. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  6. 30年間使用された免震ゴム、性能を維持---ブリヂストンが確認

  7. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  8. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  9. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  10. ボルボカーズ、400名のエンジニアを採用…過去最大規模

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら