エントラントも観客も楽しめるコース設定…54th SHCC Meeting at OISO LONG BEACH

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

54th SHCC Meeting at OISO LONG BEACH
  • 54th SHCC Meeting at OISO LONG BEACH
  • 日産サニーレーシング仕様を駆るMr.ロータリーこと従野孝司氏
  • “黒い稲妻”の異名をもつ桑島正美氏は日産フェアレディZ432R
  • 従野孝司氏(左)と桑島正美氏(右)
  • Best of SHCCに輝いたオースティン 7ニッピーを駆る大学生の女性
  • ロータス 47GT
  • ロータス エランS4S/E
  • フィアット 500
11月29日、大磯ロングビーチ駐車場(神奈川県中郡)において、「54th SHCC Meeting at OISO LONG BEACH」が開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ。

戦前から1960年代のヒストリックカーを中心にしたジムカーナ大会も、今回で54回目を迎えた。快晴に恵まれた当日、会場には約100台ものエントリー車両が集合。今回も大盛況であった。

ここ数年は、往年のレーサーがゲストとして参加しているこのイベント。今回はマツダワークスとして活躍していたMr.ロータリーこと従野孝司氏と、“黒い稲妻”の異名をもつ桑島正美氏が登場。従野氏は日産『サニー』のレース仕様。桑島氏は同じく日産『フェアレディZ 432R』でデモンストレーションランを行い、多くの観客やエントラントから大きな歓声を集めていた。

エントラントに目を移すと、レディースクラスに戦前車がエントリーしていた。彼女は大学生で、オースティン『7ニッピー』に乗るお兄さん(実は彼も大学生だ)と共に、ダブルエントリーしたという。彼女はまだ免許を取ってそれほど時を経ていないにもかかわらず、戦前車を巧みに乗りこなし、今回のBest of SHCCを受賞した。

今回のコースは1分弱で完走できるように設定されており、長い直線から180度以上のターンまで含まれるテクニカルなものであった。そのレイアウトは、できるだけ観客の近くでそのターンをさせる目的を持つ。「そうすることで観客の皆さんもドライバーのテクニックを見てもらえるし、そのクルマの挙動がよくわかるでしょう」とコースを設定した主催者の一人は話す。もちろんそこには安全を考慮し、そのターンに侵入する際に微妙に速度が落ちるようパイロンを設置。かつ、サイドターンができるくらいの速度は保たせるよう、微妙な配慮がなされていた。

次回は6月5日に同会場にて開催される予定だという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

    【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

  2. 【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

    【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

  3. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

    【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  4. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  5. 【鈴鹿8耐】BS12 トゥエルビ、過去レースダイジェスト版をニコ生で放送開始

  6. 【MotoGP 第6戦イタリア】わずか0.019秒差、ロレンソがゴール直前で逆転勝利

  7. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドやマン島TT参戦レーサーも登場…11月19日・20日

  8. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  9. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  10. 【INDYCAR】2016年開催スケジュール…第100回インディ500は5月29日決勝

アクセスランキングをもっと見る