ハーレーオーナーがバリで結束…“ONE IN A MILLION”をスローガンに

モーターサイクル エンタメ・イベント

インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
  • H.O.G.(ハーレーダビッドソン・オーナーズ・グループ)は、1983年に設立。
  • インドネシア・バリにて開催されたH.O.G. コンベンション。
H.O.G.の新しいスローガンが発表された。ONE IN A MILLION。H.O.G.メンバー一人ひとりが、ハーレーを愛し、H.O.G.メンバーであることに誇りを持とう、というメッセージを表現したものだ。

これを聞こうと、インドネシア・バリ島のリゾートホテルには、アジア・パシフィック地域のハーレー乗りが集まった。ハーレーダビッドソンによるオフィシャルイベント『H.O.G.コンベンション』が11月4日から7日の期間、開催されたのだ。

アジア・パシフィックでは今回が初開催となるH.O.G.コンベンションには、地元インドネシアをはじめ、日本、中国、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インド、中国、香港、台湾、韓国、フィリピン、グアム、オーストラリア、ニュージーランド、ブルネイ、南アフリカといった国のH.O.G.メンバーが参加。

H.O.G.(ハーレーダビッドソン・オーナーズ・グループ)は、世界140か国に100万人、日本にも約3万5000人のメンバーを有している。

有料会員(新車購入時初年度無料)の特典は定期会報誌の送付、ロードサービス、イベントへの参加資格など多岐にわたるが、こうしたイベントなどを通じ、あるいはどこかの路上で、世界中にいる仲間との交流の場が持てるというのが大きい。

たとえば、見ず知らずの土地をツーリングしたとき、お互いがH.O.G.メンバーであること、ハーレーを愛する者どうしであることがわかれば、たとえ言葉は通じなくとも笑顔を交わすことができる。

今回のH.O.G.コンベンションでも、参加者らはビーチサイドでのライブステージやパーティなどエンターテイメントを体験しつつ、各国から集まったメンバーどうしの交流を楽しんだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  2. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  3. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  5. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  6. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  8. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  10. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

アクセスランキングをもっと見る