JR西日本、恒例の元日限定フリー切符発売…旧・北陸線は通過特例を設定

鉄道 企業動向

JR西日本は恒例の元日限定フリー切符を発売。JR西日本の全線が自由に乗り降りできる。写真は広島地区の普通列車。
  • JR西日本は恒例の元日限定フリー切符を発売。JR西日本の全線が自由に乗り降りできる。写真は広島地区の普通列車。
  • JR西日本線内では特急も利用できる。写真は特急『スーパーまつかぜ』。
  • 智頭急行智頭線やJR西日本宮島フェリーも利用できる。写真は智頭急行の普通列車。
  • IRいしかわ鉄道線は金沢~津幡間のみ通過利用できる特例が設けられた。
  • あいの風とやま鉄道線は高岡~富山間のみ通過利用できる特例が設けられた。
JR西日本は12月11日から、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2016」を発売する。2016年1月1日に限り、JR西日本の鉄道路線などが自由に乗り降りできる。

発表によると、利用できる路線はJR西日本全線と智頭急行智頭線、JR西日本宮島フェリー。山陽新幹線や特急列車も利用できる。旧・北陸本線の経営分離区間は、IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡間とあいの風とやま鉄道線の富山~高岡間に限り、JR西日本線へ通過利用できる特例が設定された。

切符は普通車用とグリーン車用の2種類。普通車用は普通車指定席、グリーン車用はグリーン車または普通車指定席の指定券の交付を4回(4列車)まで受けることができる。座席の指定を受けない場合は普通車自由席を利用できる。

発売額は、普通車用が大人1万5500円・子供3000円、グリーン車用が大人1万7500円・子供5000円。一人から利用できるが、子供用は子供のみで利用することができない。前回の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2015」に比べ大人用は10~70円の値上げだが、子供用は90~140円値下げされる。発売期間は12月11日から30日まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

    JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  2. 西日本大雨でJR3社の鉄道路線が運休…土砂災害も発生

    西日本大雨でJR3社の鉄道路線が運休…土砂災害も発生

  3. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

    JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  4. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  5. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  6. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  7. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  8. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  9. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る