JR西日本、恒例の元日限定フリー切符発売…旧・北陸線は通過特例を設定

鉄道 企業動向

JR西日本は恒例の元日限定フリー切符を発売。JR西日本の全線が自由に乗り降りできる。写真は広島地区の普通列車。
  • JR西日本は恒例の元日限定フリー切符を発売。JR西日本の全線が自由に乗り降りできる。写真は広島地区の普通列車。
  • JR西日本線内では特急も利用できる。写真は特急『スーパーまつかぜ』。
  • 智頭急行智頭線やJR西日本宮島フェリーも利用できる。写真は智頭急行の普通列車。
  • IRいしかわ鉄道線は金沢~津幡間のみ通過利用できる特例が設けられた。
  • あいの風とやま鉄道線は高岡~富山間のみ通過利用できる特例が設けられた。
JR西日本は12月11日から、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2016」を発売する。2016年1月1日に限り、JR西日本の鉄道路線などが自由に乗り降りできる。

発表によると、利用できる路線はJR西日本全線と智頭急行智頭線、JR西日本宮島フェリー。山陽新幹線や特急列車も利用できる。旧・北陸本線の経営分離区間は、IRいしかわ鉄道線の金沢~津幡間とあいの風とやま鉄道線の富山~高岡間に限り、JR西日本線へ通過利用できる特例が設定された。

切符は普通車用とグリーン車用の2種類。普通車用は普通車指定席、グリーン車用はグリーン車または普通車指定席の指定券の交付を4回(4列車)まで受けることができる。座席の指定を受けない場合は普通車自由席を利用できる。

発売額は、普通車用が大人1万5500円・子供3000円、グリーン車用が大人1万7500円・子供5000円。一人から利用できるが、子供用は子供のみで利用することができない。前回の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2015」に比べ大人用は10~70円の値上げだが、子供用は90~140円値下げされる。発売期間は12月11日から30日まで。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

    JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  2. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

    JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  3. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

    JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  4. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  5. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  6. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  7. 湘南モノレール、23年ぶりダイヤ改正…夜間中心に増発

  8. 大型連休、房総特急は前年割れでも「50km以内利用者は季節問わず増」

  9. 東武鉄道の東上線で脱線事故…台車に亀裂

  10. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

アクセスランキングをもっと見る