【ロサンゼルスモーターショー15】フィアット 124 スパイダー、北米は160馬力…欧州よりパワフル

自動車 ニューモデル モーターショー

フィアット 124スパイダー(ロサンゼルスモーターショー15)
  • フィアット 124スパイダー(ロサンゼルスモーターショー15)
  • フィアット124スパイダー(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
  • 新型 フィアット124 スパイダー
11月18日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15。イタリアのフィアットブースの主役は、新型フィアット『124スパイダー』が務めた。

新型フィアット124スパイダーは、新型マツダ『ロードスター』がベースという点で注目できる1台。フィアットとマツダの協業プログラムによって生まれた。ただし、ボディはフィアットの専用デザイン。車台や内装は、新型ロードスターがベースとなる。

エンジンは、マツダ製ではなく、フィアットのオリジナル。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「マルチエア」を搭載する。フィアットによると、このエンジンと後輪駆動方式の組み合わせは、初めてという。

このエンジンは、欧州仕様と北米仕様で、出力が異なる。欧州仕様の場合、最大出力は140hp、最大トルクは24.5kgm。一方、北米仕様では、最大出力が160hp、最大トルクは25.5kgm。北米仕様は欧州仕様に対して、20hp、1kgm上乗せされている。

また、トランスミッションは、欧州仕様では6速MTのみ。北米仕様では、6速MTと6速ATが設定されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

    【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  2. 【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

    【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

    【ホンダ NSX 新型】日本は全国133の認定店舗で扱い

  4. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  5. ホンダ NSX 新型、早くも納車待ちが2年…北米

  6. 【ホンダ NSX 新型】11年ぶりの復活…3年間でグローバル6000台の販売計画

  7. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  8. ホンダ、欧州で「ZSX」商標登録…ベイビー NSX か

  9. 【ホンダ NSX 新型】生産責任者「景気動向に左右されない柔軟な生産ライン」

  10. 【日産 セレナ 新型】ちょっとほしくなったかも…山本耕史が意味深発言?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら