【リコール】トヨタ カローラ など34万台、CVT不具合で走行不能のおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ カローラフィールダー(2006年)
  • トヨタ カローラフィールダー(2006年)
  • 改善箇所
トヨタ自動車は11月18日、『カローラ フィールダー』などのCVT(無段変速機)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『カローラアクシオ』『カローラフィールダー』『カローラルミオン』『オーリス』『プレミオ』『アリオン』『イスト』の7車種で、2006年9月15日~2008年10月31日に製造された計34万6199台。

CVTの油圧クラッチ機構において、油圧を保持するための環状シール部の寸法精度が不適切なため、シールが偏心した状態で組み付けられているものがある。そのため、当該シールが損傷してクラッチが作動不良となり、走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、油圧の保持状態を点検し、正常な場合は油圧クラッチ機構を対策品に交換。異常な場合は、対策品が組み込まれたCVTに交換する。

不具合は74件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  4. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  5. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  6. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 日系自動車メーカーの海外生産、7年連続増加の1830万台…2015年度

  9. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  10. マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

アクセスランキングをもっと見る