VW、アップル 技術者をデジタル戦略部門のトップに起用

自動車 ビジネス 企業動向

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループ。同社がデジタル事業を強化する目的で、米アップル社の人材をヘッドハンティングした。

これは11月10日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。「ヨハン・ユングビルト氏を、新たに設立するデジタル戦略部門のトップに起用した」と発表している。

ヨハン・ユングビルト氏は現在42歳。ルーマニア出身で、前職はアップル社のエンジニア。アップルには2014年に入社し、コンピューター「Mac」のシステムの開発などを手がけた。

アップルに入社する前は2009年、メルセデスベンツの北米研究開発部門の社長兼CEOに指名。シリコンバレーを拠点に、自動運転やEVなどの研究開発を担当している。

なお、ヨハン・ユングビルト氏は、フォルクスワーゲングループのマティアス・ミューラーCEOに、事業の進捗具合を直接報告する体制を取る。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  6. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  7. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  8. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  9. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  10. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

アクセスランキングをもっと見る